本当に生きたい人生歩んでますか?

本当に生きたい人生を歩んでいますか?



田辺です。


さて、彼女を作るということに対して、
具体的に何をすればいいのですか?

こんな質問がたまに来ます。

テクニック的なことで言えば、

第一印象を磨く
出会いを増やす
正しい方法でデートを重ねる

シンプルに言えば、この3ステップに集約されます。

ただ、これはあくまでテクニック的なこと。


本質的にいえば答えはもっと別のところにあります。


それは、何かというと。

そもそも、テクニック的なことをどうのという前に
自分の人間的魅力を磨く。

これを突き詰めていれば、彼女なんて勝手にできます。

すなわち、人間力を磨き自分を進化させ続けていれば、
価値の高い人間になり、価値の高い人間は自動的に求められるという図式です。



人間的魅力を磨くと言っても、さまざまな分野があります。

具体的に挙げるとなると

知恵
肉体
ファッション
コミュニケーション能力
経験
経済力
人脈
創造的センス

などなど。


知識があり、魅力的な肉体、お洒落で、人当たりがよく、
自由になるお金があり交友関係も広くセンスがある。

要するに、元々このように人間的魅力を磨き、
価値のある男を目指すことによって
勝手に女性に求められる男になるわけです。

テクニックを学ぶのも、ある側面では大事なことですが、
そもそもの根本として、人間的に魅力を磨いて、
自分を進化させる活動に時間を費やすということは本当に大事なことです。

魅力的な人間には、魅力的な人が寄ってきます。


当然、寄ってくる女性も輝いている女性が多いです。

なので、そもそもの根本として、
自分の人間的な魅力を磨くという意識を忘れないでもらいたい。



例えば、コミュニケーション能力。

この能力は別に試験があって、資格があるわけではないですが、
この能力を磨くことによって得られる恩恵は計り知れないわけです。

そもそも、この能力を意識して伸ばしていくだけで、
どんどん、人に出会えるし、仕事でも重宝される。

国が認定した資格を得て就職活動を有利に進めたり、
収入のある仕事に就けるのは間違いないと思います。

ただ、資格がないからと言って、
軽視しがちではありますが、このコミュニケーション能力を、
本を読んだりし、それを実践して伸ばすことによって、
時に、何らかの資格を得るより大きな恩恵を得られる場合があります。

資格の試験は丸暗記で合格すれば忘れる可能性があります、
コミュニケーション能力は身につければ一生ものです。



1つの項目を例に挙げてみましたが、
人間的に魅力を高める。

これを意識して生きているのと、生きていないのでは、
数年後、同じ環境にいた人間でも大きな違いが出るわけです。

ほとんどの人は学校を出たら
自分で何かを学ぶということをしようとしません。


実際に、社会人として世に放りだされた人々の中で
毎月本を買って何らかの知識を得たり
セミナーなどの講座に出て自己投資をしている人は何割いるのでしょうか。

周りの人間を見ても、学生の期間が過ぎたら、
学ぶことをやめ、ただただ惰性で生きている知的怠慢な人が、
非常に多いように思えます。

確かにそれはそれで楽しい人生かもしれません。

ですが、もっと上を目指したい、
より良く生きていきたい。


それぞれ、人生に理想というのがあると思います。

将来は海外に移住したい。
もっと収入を増やしたい。
理想的な彼女、嫁がほしい。
何にもとらわれない自由の身になりたい。


理想を掲げるのは誰でもできます。

しかし、その理想を達成するのは、
理想に向かって貪欲に突き進んだ者だけが得られる桃源郷なのです。


休日に家でゴロゴロしてテレビばかり見ていては、
かわいい理想の彼女はできないばかりか、結婚など夢のまた夢です。

起業したいとずっと思っているのに、
リスクを恐れて何年も行動できずに、歳だけくっていく。

今一度確認してみてください。


あなたの理想はどこなのか。

そして、あなたが日々歩んでいる道は、
あなたの理想とする境地へと繋がっているのか?

ほとんどの人は、理想とはまた別の方向を向いていたり今歩んでいる道が
あなたの理想とする境地でない場合が多いのではないでしょうか?


あなたの人生の理想や目標。

そして、あなたの毎日のルーティーンが、
その理想に向けてまっすぐ伸びているのか。

それを、確認してみてください。

真逆の道を歩んでいませんか?


人間が死ぬときに一番後悔することは、
行動しなかったことに対する後悔が一番強いし多いようです。

実際に、僕は死んでいないので体験はしていませんが、
末期がん患者の担当医が書いた文献でそのような記述を目にしました。


死ぬときに、

「ああ、あの時にこういうことをしておけばよかったなあ・・・」
と、後悔の念にかられて死ぬのか、


「もう、俺の人生で思い残すことはない。 本当に楽しい人生だった。」
と、人生を完結させるのか。


僕は後者を選びたいし、
そういう生き方をしたいなあと心の底から思います。


未来、将来というのは、時系列的にいえば、
今という時間の連続が繋がった先にあります。

先ほどの、人生の完結というのも、
今という時間の連続が連なった先です。

だから、よくいう「いつか何々する」
というのは、今の連続が繋がっていない。

そういう意味での「いつか」というのは、
完全に飛躍していると僕は思っています。

だから、そいういうことを発言している人に、
そのいつかは訪れないのです。

今、この瞬間を全力で生きる。

そして、悔いのない人生を生きる。


そういう考えを心の片隅にでも留めておいて、
人生をより良く、そして楽しく生きていくという意識をもっていれば、
いつか、そのうち魅力を磨こうというのではなく
磨き続けるという意識になるのではないか。

そして、そういう生き方をしている人というのは、
人からは輝いて映るのではないか。

もてている男を見ていると、
みんな人生楽しそうに生きています。

恋愛も人生の一部です。

だから、その人生の一部をより良くするために、
日々、精進してもらいたいなあと思います。


感想や意見などがあればメールしてもらえると嬉しいです。

ありがとうございました。


田辺祐希

タグ

2014年8月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

人生の目標とかビジョンありますか?

人生の目標とかビジョンありますか?



田辺です。


・目標とかビジョンありますか?


あなたは人生において目標やビジョンありますか。

自分のお店を出したい。
自分で何か事業をやってみたい。
海外に住んでみたい。
人の助けになりたい。

色々あると思います。


何が言いたいのかと言うと、

「ただ、何となく生きていませんか?」

ということ。


大半の人は生活費を稼がなければいけないので
仕事をしなければいけません。

つまらない仕事でも会社に行かなければ
生活ができなくなってしまうので嫌々働かなければいけないのです。

何となく会社に行って
何となく給料をもらってなんとなく時が過ぎていく。

目標がないとそうなってしまいます。


目標がある人達はどうか。

例えば、今の仕事は本当に自分がやりたいことじゃないし、
昔から、南の島の陽気な気候で過ごしたい。

そう思っていて行動力のある人は、試しに実際に行っています。


バリとかフィリピンとか。

で、目標、ビジョンがある人はアンテナが自然にはれていますから、
現地に行って、採用情報などが目につきます。

「どうやったらここに住めるのか?」
この問いが頭の中で常に無意識で巡っているのです。


現地の日本食レストランへ行ってみて
求人募集の紙が貼ってあったらそれを見て
大将のおっちゃんに聞きます。

「スタッフ募集してるんですか?」
「してるよー。」

「僕、観光客なんですけど
 こっちに住んで働きたいっていう場合はどうなるんですか?」

「ああ、それだったらうちの店から
 ビザ出るからそのままこっちに労働ビザで滞在できるよ」

「本当ですか? 僕、昔から一年中暖かい場所に住みたかったんで
 雇ってください。」

「おー、いいよ。」「いつから働けるんだい?」

「日本に帰って会社に退職届出して、
 マンション引き払ってくるので2ヶ月後には来れます。」

「ほいじゃあ、またこれる日程が決まったらここに電話してくれ。」

「番号は+63の?」

「はい、ありがとうございます」


実際に行動して現地に行く
そこにはもうそんなチャンスだらけです。



自分が本当にしたいことというのを
自分で知っていてそれの道に沿って行動する。

それだけで
自分がしたかった現実というのは手に入りやすくなります。


多くの人は自分が何者か。

「何をしたくて、どうなりたいのかが自分でもわかっていない。」

だから、ただ何となく生きている人が多いんだと思います。


本当の自分を知っておいて
あとはその自分が望む道を進む手助けをあなた自身がしていく。

それをすることが
あなたが理想のライフスタイルを送る鍵になります。

あなたの理想的なライフスタイルはどんな生活ですか?
一度、真剣に考えてみてはどうでしょうか?

では、ありがとうございました。


田辺祐希

タグ

2014年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

人に価値を与えるという概念

人に価値を与えるという概念



田辺です。


なぜ、顔がいいともてるのか。
なぜ、金持ちはもてるのか。
なぜ、有名人はもてるのか。


どうでしょう。
これらを深く考えたことがありますか?

彼らは何もしなくても女性に価値を提供しているわけです。

価値。

顔がいい男がもてる。
これは女性がその男性とつきあったとき周りから羨望のまなざしで見られる。

これが女性にとっては1つの価値。
顔がいい男はそれだけで、その1つの価値を提供している。


金持ち。

これは女性がその男とつきあったときに
その男がお金を使い普段できない体験
自分一人では実現不可能な生活スタイルを提供してくれるかもしれない。

それらのイメージを女性は無意識化で抱くわけで、
それが女性にとって見えない価値になる。



有名人

これも前者と同じ。

有名人とつきあったり関係を持つことにより
自分の価値が上がると思いこんでいる女性はそれを望む。

顔がいい男は存在するだけで、ある種の価値を女性に提供している。
金持ち、有名人も同じ。

そう、女性に求められる男というのは
何らかの価値を相手に与えている。

もちろん、先ほどの例は表面的な部分なので最初の段階で求めれれますが、
最終的にはやはりその奥で他にも価値を与えることができないと女性は離れていく。



いつかの自分自身を成長させる項目で話しましたが、
それらを実行していくと自分が成長し
人に与えることのできる価値が増えてくる。

自分を磨き相手に提供できる価値の質を高める。
これが女性を引き付ける最も重要な要素。


価値を提供する。

あなたとつきあうことで、
今狙っている女性は何か得ることができるでしょうか?

何か価値を提供できていますか?

一緒に過ごす楽しい時間。

相手がしたことのない経験。

相手が経験したことのない感情の高ぶり。

あなたといることで成長できる。

その女性が今まであった中で最高の遺伝子を持っている。

女性によってどんな物事に重きを置いているかは違う。
ただ、女性は価値を提供してくれる男を求めている。


今のあなたはどうですか・・・?
好きな女性や周りの人間にどんな価値を提供していますか?


それでは、ありがとうございました。


田辺祐希

タグ

2014年8月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

自分自身を高める方法

自分自身を高める方法


田辺です。

自分を高める方法です。


自分に投資をして知識を得る
自分に投資して経験を得る。

頭で描いている理想へ勇気を出して
一歩踏み出し道を歩き始め最後まであきらめない。


これらの継続


・自分に投資して知識を得る


あなたは月にどのくらいのお金を自分に投資しているでしょうか?

本、セミナー、教材などなんでも構いません。

給料はすべて飲み代と自分の趣味。
これでは自己の成長は望めません。

自分の好きな分野や仕事に役立つ分野。
これらの知識を常に得る心がけをすることが重要。

これができないのであれば
あなたは現状維持か衰退のどちらかになる。




・自分に投資して経験を得る。

知識だけではただの頭でっかち。

知識を得たらどんどん経験と実践を繰り返す。

この経験は知識に関係する経験もそうですが、
全く意味不明な経験でもいいわけです。

なぜなら、あたまにその経験のデータがインプットされるから。
データがインプットされていれば
後に何かの経験とそれが結合し新しい思考が生まれる。

それの現象を起こすためには変な経験すらも重要になるわけです。



・そして、知識経験を生かし理想へ歩き出す。

理想へ歩き出すということですが、これが最も辛いステージ。
なぜなら、簡単に失敗をするから。

で、失敗を繰り返していくうちに小さな失敗を克服できる。
多くの人は失敗をして簡単に挫折してしまう。

その結果普段の生活へ逆戻り。

何も変化なし。
俗に言う3日坊主。


失敗を繰り返しながら進んでいくとそれが自信に繋がります。

話が少しずれますが、「どうやったら自信をつけることができますか?」という、
質問や相談が数多く寄せられます。

なので、少しここで話します。

自信というのは小さな確信の集合体です。


だから、自信をつけるにはこの小さな確信をたくさん得るのが手っ取り早い。

よく、メルマガや教材で小さな成功体験を積み重ねることが
自信につながると言っていましたが、
小さな成功体験を得ることによって、それが確信に変わるから。

要するに小さな確信を
自分の中にストックするということでそれが自信になる。

で、その自信というのがその人物の雰囲気を作り上げ、
周りから見ると堂々としていたり、魅力的に見えたりする。

つまり、失敗を繰り返しながら小さな確信を得ていく作業が必要。
最初からすべてのことをうまくこなせる人物はいませんから。

コツコツ自分の時間とお金を投資する。
この意識で日々生きてみてください。

5年後、10年後全く違う世界を見ていますから。

それでは、ありがとうございました。


田辺祐希

タグ

2014年8月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

復縁したい。でもできない。

復縁したい。でもできない



田辺です。

あなたが今つきあっている彼女。
また、今後つきあうであろう彼女。
今、結婚している大好きな奥さん。

その女性と自分が別れるということを想像してみてください。


実際に、好きな女性と別れる。
それは、非常に辛いことであり立ち直るのにかなり時間を要します。
あなたの彼女という位置に立っていた女性です。

あなたがどんなに彼女のことが好きでも、
彼女があなたのことを好きではなくなった時点で
つきあいは終了してしまうのです。


どんなにあなたがすがりついても。
どんなにあなたが泣きながら自分を変えると彼女を説得しても。
どんなに、あなたが彼女に許しを求めても。

彼女の冷めてしまった気持ちはもう取り戻せません。



そこに残った後にあなたに残るのは「後悔」の2文字。

あなたが彼女に対して冷めてしまった。
他の女性のことが好きになってしまった。

それであればおそらく後悔はしないでしょう。

しかし、あなたがまだ彼女のことが大好きな状態で別れを告げられる。
実際に精神的にはどん底に落ちます。

そして、その感情は2度と味わいたくないと思うでしょう。

仕事も手につかない。
食事も喉を通らない。
友人に誘われても出て行く気になれない。

あなはため息をつきながら後悔し彼女のことを想う。


想像してみてください。

そして、電話しても彼女はでてくれないしメールしても返ってくる返事は、
絵文字すら入っていないものすごくそっけないメール。

つきあっていた時のそれとは180度違う彼女。


彼女からは「もう好きな人ができたからごめんね。」

と。

そこでさらにマイナスのことを考えてしまう。


あなたとの思い出がたくさん詰まった写真を
全く躊躇することなくゴミ箱へ捨てる彼女の姿・・・

新しい男といる時、あなたからの着信を
留守番電話に切り替える時の彼女の姿・・・

彼女が他の男と何も着ていない状態で薄暗い部屋の中、
体を重ねて息を荒立てている姿・・・



それでも、あなたはまだ彼女のことが大好きなのです。
その姿を想像するだけで胸がはち切れそうになる。

そして、自分の人格が崩壊しそうなくらい絶望感を感じる。


これが、本気で大好きな女性に
突然別れを告げられてしまった男性が感じてしまう感情なのです。

本当に辛いです。


このような感情。
絶対に、僕はあなたに味わってもらいたくはない。

多くの男性はこの感情を味わっています。
実際に数日間は何も考えられません。

彼女のこと以外は・・・

抜け殻のような状態になり常に下ばかり見つめ、
目は死んだ魚のように活力が消えます。
自分に対して本当に悔しくて狂いそうになります。

実際、彼女に振られて自殺した男性の気持ちはものすごくよくわかります。

本当に辛いですから。

もし、あなたが今そんな状態だったとしたら
もう今後女性に振られないように。

女性が絶対に話したくないと想える男性に成長する決意をしてください。
そうすれば、女性からあなたを振ることは限りなく少なくなります。

自分に時間とお金を投資し自己成長を促す。

これを意識して生きていってください。
必ず人生が変わりますから。


田辺祐希

タグ

2014年8月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

田辺が思ういい女とは?

田辺が思ういい女とは



田辺です。

よく、クライアント達に聞かれることがあります。

田辺さんが思ういい女ってどんな女性ですか?

と。

なので、今回はそのことについてシェアしていきたいと思います。

多くの男性は女性の魅力として顔やスタイルなど外見的特徴で判断します。
確かに、女性の美しさというのは1つの魅力ですし
男性がそれに食いつくことも彼女達は知っています。

しかし、ある程度かわいい女性と関係を持ったりできるようになってくると、
どんなに見た目がいい女性でも中身を見るようになります。



最初はかわいいということで確かに魅力を感じます。

ただ、その女性と深い関係を持ち時間が経過すると、
外見というのは男を惹き付け続けるのには
大して役に立たないということがわかってくると思います。

実際にすでにかなり恋愛において
高いステージにいる人はこれがよく理解できると思います。


美人は3日で飽きるではないですが、女性の美貌というのは、
その男がその女性と一緒に寝たいというところまでは非常に有効に作用するんですが、
相手の心と体を手に入れた後に男の心境はある程度変化し、
その女性は外見的美しさだけではその男を惹き付けておくことはできなくなります。

で、その後にどんなことを持ち合わせているといいと思うのか。


僕の場合は一言で言えば、そのパートナーと、

「仲間で居続けることができるか」

この1つのことに集約されます。


彼女でも彼女じゃなくてもずっと一緒にいたいと思う女性は、
少なからずこの要素が必ず入っています。

仲間で居続けるということは
お互いが味方であり続けるということに、
言い換えることもできます。

価値観を共有し、人生の理念を共有し
お互いより良い人生を生きるために共に同じ方向を向いて道を進んでいく。

こんなイメージです。

人生という冒険を共に生きる戦友みたいな感じですかね。


だから、パートナーの女性と敵対していたり、
なにか不満に思っているということがあれば
それはすぐに口に出して伝えた方がいいと思っています。

自分と彼女の価値観の微妙な違い、理念の共有に関して、
微調整していく営みが必ず必要になってきます。

家族であっても価値観や理念は違いますから、
他人であり女性であるパートナーとは価値観が一緒ということはありません。

だから、最初は一緒に過ごしていて行く中で互いの価値観を調整していき、
仲間として人生の理念を共有し、そして共に人生を歩んでいく。

これが最終的に深い部分で共鳴することができる女性。

それが僕の中でのいい女ということになります。



外見は最初にその女性に興味を持てるということでもちろん重要ですが、
外見だけ美しくても、理念を共有できない女性には全く興味がありません。

理念の共有や価値観の共有は最初は当然違うのですが、
共に時間を過ごしていくことにより育んでいくことが可能です。

相手に影響を与え、相手から影響を受けそれは少しずつ変化していきます。
そして、限りなく近い値でシンクロできるよう2人で一緒に道を歩んでいける存在。

そんな女性が僕が思うのいい女の定義だと思います。

あなたが思ういい女の定義はどういう女性ですか?
もし、よければ教えてください。

それでは、ありがとうございました。


田辺祐希

タグ

2014年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

人生経験豊富な男

人生経験豊富な男



田辺です。


人は言います。
いろんな経験をしなさい。


しかし、疑問に思ったことはありませんか?


色々な経験を積んだところで何に役立つのかと。


そう、実際に色々な経験をした方がいいと世間では言われているが、
それが何の役に立つのかが実際にわかっていないように思います。

なので、それを解説していこうと思います。


人生経験。

人よりたくさん色々な経験を積んでいると人間関係において余裕が生まれる。

普段、人がしない経験を進んでしていくと
当然普通の人とは違う感覚が身についてきます。

だから、普段生活している状況において新しい人間と出会ったときに、
その相手に対して余裕が生まれるわけです。
(もちろん、傲慢という意味ではありません。)


さまざまな経験をしている人が何も意識せずに普通に話していることが、
相手からしたら、「何者なんだこの人は・・・」と勝手に感じてしまう。

意識して話しているわけではないのに
相手が勝手に優劣を決めつけてしまう。

要するに、経験豊富の人間に対して相手が価値を見いだしてしまう。

だから、普通の人が経験しないようなことを
たくさん経験している人間というのは、
他の人から見たら魅力的に映るし
さらに価値が高い人間と認識される。

そして、それが余裕と自信に繋がる。



これを恋愛に当てはめてみると。

自分がどんどん新しい経験、人がしない経験をしていくと、
女性に対して憧れるということがまずなくなります。

なぜなら、自分の方がおそらく色々経験しているという自信があるから。
もちろん、それは話してみないとわかりませんし
相手との経験を比べることもできない。

ただ、そのような自信を自分自身で持てるかどうか。

そのような自信を持てたとき
女性に対して憧れや羨望という感情がでなくなる。

だから、この子顔はかわいいし、スタイル抜群だけど、
経験で言えば俺の方が絶対上だな。

こんのような自信が勝手に湧いてくるわけです。
もちろん、本人の勘違いかもしれません。


しかし、自信のない奴より勘違いでも
自信があるやつの方が確実に女性は魅力的に感じます。

そうなると、その女性に対して媚びたりヘコヘコしたりというのがなくなります。
で、会話をしたときに普段他の男が話さないような内容がポンポン口から出てくる。

それだけで、他の男とは一線を画する存在になるし、
相手から見たら当然価値が高い人間ということになる。

そして、経験というのは自分の頭に入るものなので、
お金のように無くなったりすることはありません。

普段から、人がしないような経験を積極的にしてみてください。

それらが蓄積されると言葉では表すことのない
余裕と自信が生まれますから。

色々な経験するといいですよ。


田辺祐希

タグ

2014年8月14日 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:ライフスタイル

コアとともに生きるということ

コアとともに生きる



田辺です。

いかがお過ごしでしょうか。

気づいたらもう8月。
明日は終戦記念日。

国のために戦ってくれた先祖を想う特別な日でもあります。

知っている人も多いかもしれませんが、
大東亜戦争が終わっても終戦を知らずに、
約30年間フィリピンの山奥で戦闘を続けていた人がいます。

小野田寛郎さんという人です。
30年間です。

30年間ずっと緊張状態を保ち、山奥なので寝るときも斜面ですから、
帰還後は逆に平らなところで寝れなかったみたいです。

途中で一緒に行動していた仲間の死。
ある冒険家との奇跡的な出会い。
30年ぶりの日本。
帰還後日本が全く違う世界になっていた。

など、たくさん考えさせられる本です。
Amazonですぐ買えますので興味があれば読んでみてください。

「たった一人の30年戦争」 小野田 寛郎

__________________________________

1.ちょっとしたお知らせ

2.常識という非常識
__________________________________


1.ちょっとしたお知らせ

久しぶりに帰国して、
8月の31日にセミナーをやります。

場所 東京 秋葉原
時間 13:30~
懇親会

内容 「デート」

簡単に説明しますと、
知り合った女性と3回以内のデートで彼女にする方法のすべてです。

対象者

・自分のデートがいいのか悪いのか根本的にわからない人
・奥手な人、好きな子にびびって何もできない人
・デートで何しゃべっていいかわからない人
・だらだらと5回くらい2人で会ってしまい、告白して振られる人
・つきあわないと女性と体の関係が持てない人
・友達としてみられる人、いい人といわれる人
・好きな子をどうやってホテルや家へ連れ込んでいいかわからない人

という感じです。

参加費は5万円です。

興味があればこちらのフォームから情報を送信して、
詳細を受け取ってください。

https://88auto.biz/kaniuni/touroku/8-31.htm




2.常識という非常識

もし・・・

僕が、「あなたにあなたの常識は実は非常識です。」
と言ったらどう思いますか?

「いやいや、何言っているんですか田辺さん。」
となりますよね。

しかし、すべてを否定できるかというとそうではありません。



海外に行ったことがある人はわかると思いますが、
そもそも日本における常識は海外では非常識なことが多いです。

日本における上下関係、目上の人を立てるという概念が、
そもそもない国なんてたくさんあります。

日本は歳が1つでも上だと先輩という扱いになり、
年下の人はその先輩にタメ口を聞くと怒られます。

アメリカなんかはそんなことはなく、
年下でもタメ口です完全に。

人前でげっぷをしてはいけない。
タバコのポイ捨てはしてはいけない。

日本ではそんなの当たり前ですが、ある国だと、
人前で当然のようにげっぷをします。

たばこのポイ捨てなんていい大人の人でも、
きれいな女の人でもしています。



彼らの常識と僕らの常識。

どちらも常識だと思っているはずです。

でも、日本人からしたらそれは非常識という常識。
彼らからしたらそれは常識。

なぜ、わざわざそんなことで文句言いやがるんだこの日本人は非常識な。
と、相手は思うのです。

常識という概念はあるコミュニティにおいて
共有している1つの価値観にすぎないわけです。

だから、色んな人の常識に触れることで、
色んな人の世界観を垣間見ることができる。

単なる1つのフィルターにすぎないのです。
別の言い方で言えば、ただの色眼鏡。

例えば、僕は日本で生まれ育ったので、
日本人が一般的に常識だと思っていることは理解しています。

また、アメリカにもこの前まで住んでいたので、
アメリカ人達の常識や文化も少しだけ知っています。



台湾もそうです。

こうして、色々なフィルターを通して、
世界を観ていくと、人それぞれ全く違う価値観で生きているということがわかる。

日本で美容師を志す人は、何年もアシスタントをして、
毎日夜遅くまで無給で残業して、技術を身につけやっとデビューする。

ブラジルで日本式の美容室を経営していた日本人のオーナーは
同じ方法でブラジル人達に夜遅くまで練習をさせていたら
彼らは無賃金労働だと訴訟し
オーナーは数億円の賠償金を払わなければいけなくなった。

このように、全く自分の常識が通じないのです。




さて、前フリが長くなってしまったのでここでやっと本題。

あなたの常識って何ですか?

考えてみてください。

常識というのは小さい頃からの親の教育だったり、
学校教育、メディアによる洗脳、つきあう人間からの影響など。

こういうことがかなり影響しています。
しかも、知らず知らずのうちに。

毎日会社に行くこと
彼女は1人しか作ってはいけない
一生日本で暮らすこと
平日は朝起きること
定年まで仕事をする

まだまだ色々あると思いますが、こういうこと思っていませんか。



常識っていうのは、一般的にみんなが思っている共通の、
こうであるべきという概念なだけ。

なんというか、別にそれをすべて理解した上で、
わざとそこから外れてもいいんです。

常識にとらわれない人。

という言葉がありますが、あれは常識を知らないのではなく、
常識を知った上で、俺はこういう風の方がいいからこうするという、
単純な決断をしているだけなのです。

子供とかってそうですよね。
常識を知らないから、好き勝手する。
だから、楽しそうじゃないですか.

なんというか、抑圧されていないという感じで。



もちろん、僕らは大人なわけですから、
本当にみんなが持っている常識を知らずに、それを空気をよめなくて、
配慮ができないとかは、ただのバカですからダメです。

じゃなくて、みんなが持っている常識を理解し、
それで敢えて常識にとらわれないっていうことです。

「コア」アイデンティティと「シェル」アイデンティティ。
というのが人にはあります。

コアアイデンティティとは、自分のコアです。
こうしたい、こういう生き方をしたい。

シェルアイデンティティは、社会に適合させるために、
わざと作り上げた人格です。



上司がうざすぎて一発殴りたいんだけど
殴ると問題になるし、会社での立場もやばくなるし
最悪クビになるかもしれない、だから、ここはおとなしく言うことを聞こう。

これはシェルアイデンティティです。

上司がうざい場合、
殴りたい、もしくはもう2度と関わらないようにしたい。

ここがコアアイデンティティの声。



常識通りに生きている人は、シェルアイデンティティの殻がガチガチです。

だから、自分が本当はどうしたいのかという、コアの声も、
自分で聞くことができない状態になっています。

自分のコアの声を聞いてはいけない、人生とは我慢することが当たり前なんだ、
という、常識、シェルが構築されているから。

そうなると、どうなるのでしょうか。



生きていてつまらないという気持ちになってくる。
もしくは、ふとした瞬間に「俺このままでいいんだろうか」となる。

で、それはなぜ湧き出てくるのかというと、
自分のコアに嘘をついて生きているから。

コアに嘘をつくと、それは違和感として、
そいういう形で出てきます。

あなたはどうですか?



ふとした瞬間、頭の片隅にずっと残っている違和感ありますよね。

それは、あなたのガチガチに固められたシェルアイデンティティの奥底の、
コアがあなたに発信しているメッセージです。

「俺は本当はこうしたい。」
「こうあるべきだ。」
「こんなはずではない。」

心の奥に潜んでいる、もう一人のあなたが、
あなた自身に語りかけています。



ほとんどの日本人は「時間売りの商人」で一生を終えます。

世の中でも最高級に価値の高い時間を経営者に売って生活をしていますから、
コアが警鐘を鳴らす場合が多いのです。

もちろん、それで満たされている人は問題ないですが、
やりたくない仕事をしている人などは、コアが反応しまくってきます。

ふとした時によぎる欲求、未来のイメージ、なんだかわからない違和感。
それは、あなたのコアが語りかけているのです。

コアに正直に生きることによって、あなたは覚醒します。

自らのコアと定期的に対話しそのコアの意思を尊重していくことで、
あなたは全く違う人間として開花する。

自分のコアに忠実に生きる。
その道を決意した時、あなたの新しいストーリーが始まることになる。

社会の枠組みに決められたありきたりな物語ではなく、
あなただけの完全にオリジナルなものがそこから動き始める。

人生は完全オリジナルの映画を作るようなもの。
常識にとらわれている人が描く物語はおそらく九割方同じ展開でしょう。

非常識な人が作る映画は展開が予測不能で
おもしろいかもしれませんし、つまらないかもしれません。

そろそろ、あなたは常識をぶっ壊し始めてもいいころじゃないですか?



時間は有限です。
できるうちに、コアと対話してみてください。

そして、お互いよりよい人生を生きていきましょう。

何か感想やメールを読んで思ったことなどがあれば、
このメールに返信してください。

ありがとうございました。


田辺祐希

タグ

2014年8月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

進化する方法

進化する方法



今日は進化についてです。

メルマガでよく話していることなのですが、
すべての事柄において真実はシンプルです。

彼女を作るのに難しいことをする必要はありません。

しかし、人間の脳は変化を拒む。
だから、すぐに忘れて普段の自分に戻る。



例えば、周りにお洒落な友人を探して外見を磨く。

と言いました。


実際に行動に移す人が何人いるでしょうか。

以前配布していったこれらの音声は。

理想の彼女を作るためにするたった3つのこと
http://kawamote.com/club-casanova/audio/first.mp3

もうメールを無視されなくなる、3つの第一印象改善ポイント
http://kawamote.com/club-casanova/audio/second.mp3

彼氏を求めている女性しかいない2つの出会いの穴場スポット
http://kawamote.com/club-casanova/audio/third.mp3

2人で会えさえすれば必ず落とせる、デート3つの心得
http://kawamote.com/club-casanova/audio/4th.mp3

10年間彼女がいない人も、童貞の人も、
この3つのステップだけをこなしていってもらえれば彼女はできます。

勘違いしないでもらいたいのですが、これらの音声を聴けば、
それだけで彼女ができるということではないということ。

あれは、実践ベースで行動してこそ意味があるものです。
そして、実を言うと音声で話していることは基礎中の基礎です。

基本は常に地味なもの。


つまるところ、あれらは建築物の土台ということになります。、

要するにあの音声の通りにできていないということは、
まだ、好きな女を口説くという土俵にも立っていないことです。

というか、勝負にすらならない。

力士が土俵に上がる時に、
無理やり飯を食いまくって、時には吐きそうになるのを我慢して、
やっとのことで戦える体を手に入れ鉄のような筋肉の上に、
さらに脂肪を身にまとい土俵へ上がるのです。

それと同じ。

あの音声の内容ができていないということは、
体重50Kgの状態で力士に勝負を挑みにいくのと同じことを意味します。

真実はかぎりなくシンプルです。

成功している人は誰もが嫌がる地味な作業を
継続的に続け進化していきます。

「大衆は常に間違っている」

と、いう興味深い言葉があります。



これはいろんな場面で当てはまると僕的には思っているのですが、

簡単に言うと、大衆は本質を見極めずに、
表面的な情報で流されると言うこと。

だから、成功しない大衆は、
常に答えが自分の中にあるのではなく他者に存在している。

他者が何かを言ったら盲信してしまい、
常にぐるぐるまわって全然先に進めない。

しかし、先ほど話した成功している人は、
誰もが嫌がる地味な作業を継続的に続け進化する。

なぜ、これができるのかと言うと、
答えを自分の中に確信的に見出せたから。

これに限ります。


自分の中に答えがあるということは、
これを続けていけば必ず結果が出ると確信しています。

だから、地味ではあるが本質的なことを、
他の誰が何を言おうと突破できるわけです。

それが進化につながる。


例えば、今の現在のあなたがいるとします。
今、このメールを読んでいるあなた自身です。


そのあなたが、死ぬほど好きな女性を彼女にしたい。
かれこれ5年彼女がいないから、どうしても彼女がほしい。
今よりもっとレベルの高いかわいい女を連れて街を歩きたい。

このような理想があるとします。


理想というのは、自己が心に描き求める最高の状態です。

もちろん、その理想を手にした時には、
別の理想が浮かび上がってくるのが人間なのですが、
今はこの話は置いときます。


理想。

理想を手中にするには、
現実と理想の間にあるギャップを埋めることです。

ギャップを埋めるにはどうすればよいのか?

それは、あなたが進化することです。


現在、彼女が欲しいと思っているあなたが、
彼女を作るためには、彼女を作ることができる自分に進化する必要がある。

と、いうことです。

それなのに、どういうわけか多くの男性は、
何も進化しようとせず、彼女を作ろうとしている。

わかりやすく言えば、彼女を作るためには自分が進化する必要があるのに、
その自分を変える努力をするのではなく、

自分とは全く違うベクトルの、
デートの誘い方だったり、メールを送り方だったりに焦点を当て、
最も肝心ともいえる、自己の改革は怠るわけです。

それでは、先ほど話した大衆と同じですから。

結果がないことは明白。



だから、表面的な誘い方やメールの内容や送り方ではなく、
もっと自分自身の内面に目を向ける必要がある。

自分自身が進化すれば、デートの誘う時なんて、
ただ、誘えば来るようになるわけですから。

メールもそうです、返信があるかないかなんてのは、
文章が全く同じでも、その送った男によって違う。

教材にもこれは嫌というほど書いてあります。

ネットで販売している情報商材も、
いろんな人のを出るたびに買っている人がいるというのを、
聞きますが、それも同じです。

土台があってこそ、使えるものであって、
土台がない人が使っても、それはただの宝のもちぐされです。

まさに豚に真珠。


当然結果が出る人、出ない人はでてきます。

だから、地味な作業ですが、
自分を変えて相手に求められる男になるということ。

勝負はそれからです。


先ほど、進化の話を少ししましたが、
人が進化するには圧をかける必要があります。

平たく言えば普段だったらしない行動をあえてしていく。

自分が選択したくない道を、
あえて自分で選んで進んでみる。

これをするわけです。

淘汰圧というのですが、
進化するにはこの圧を自らが進んでかけていく必要があります。

細胞レベルの話ですが、抗生物質vsウィルスでみてみましょうか。

ウィルスが進化して強くなったということを、
耳にしたことがあると思います。

これは、実際に淘汰圧がかかっている状態と言えます。


中途半端にペニシリンで攻撃するとその攻撃で大半は死滅するのですが、
生き残ったウィルスが抗生剤を打たれる前より強くなるわけです。

だから、ウィルスを死滅させるには、
生き残れないように徹底的に圧をかける必要がある。

死なない程度に圧がかかった場合、
以前より進化して強固になるわけです。

サイヤ人が瀕死の状態から回復したら、
戦闘力が大幅に上がっているのも、あながち間違っていないわけです。

淘汰圧がかかった対象の行く末は絶滅か進化ですから。


で、我々人間はといいますと、
自らかける淘汰圧で死ぬようなことをする人は、
厳しい修行をしている極わずかな人だけだと思いますので、
基本的には進化していきます。

普段は自分がしない行動。

いつもの自分だったらしない行動。


これらの行動は例えば、
このメールの一番最初にも話した、


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真実はシンプル。
でも、人間の脳は変化を拒む。
だから、できない人が大半。



例えば、周りにお洒落な友人を探して外見を磨く。
と言いました。

実際に行動に移す人が何人いるでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これとか。

普段の自分だったら面倒くさくてやらないです。

だけど、本能的に拒否していることを、
自ら面倒な気持ちを押し殺してやってみる。

そして、それを継続する。

こういうことです。



僕の人生のテーマは進化です。

だから、英語が全く話せない状態で知り合いも誰もいないアメリカへ行き、
そこで限りなく激しいと圧力を自らにかける。

そして、進化する。

その後も台湾に中国が全く話せない状態で行き、
また1から圧をかける。

なぜ、アメリカにずっと住まず移住したかというと、
アメリカに2年も住んでいれば英語もある程度話せるようになり、
そもそも生活していて苦労しなくなります。

完全な「ぬるま湯」状態。

進化し適応したことによって、アメリカの生活では、
淘汰圧が全くかかならい状態になりました。

だから、また1から進化するために台湾に行き、
不便な生活や言葉や文化による苦労をすることによって、
また少しずつ進化することができるのです。

進化するためには、自分を居心地の悪い環境へ置く必要があります。
修行みたいなもんです。

よく、Mですねと言われますが、完全に逆で、
自分に死なない程度の圧力をかけるS的行動です。

全く見知らぬ土地に行って一から暮らしてみるというのは、
結構な圧力がかかるのでお勧めです。

他には、あなたがビジネスを学んでみたいと思うのであれば、
貯金をきりくずして50万する講座を受講してみるとか。

これも、普段だったらしない人がほとんどです。
50万あったら自分の趣味にお金をかけますから。

だけど、これをあえて日常であなたがしない方向の道へ進むことを決める。

以前僕のクライアントはアメリカまで僕に会いに来てくれて、
その経験がものすごい自信に繋がったと言ってくれました。



もうひとつ簡単な例で言えば、筋トレ。

理想の体になりたいと思っている世の男性はたくさんいると思います。
そして、ジムへ行っても続かない人もたくさんいる。

筋トレは、負荷をかけ筋肉を破壊し、
休養中に栄養を与えることで筋肥大していきます。

これは、筋肉に圧をかけているということです。

実際、筋肉をでかくするのは、
このシンプルな方程式で可能です。

しかし、なぜ続かないのか、
前述したとおり地味な作業だから。

地味な作業を繰り返し行うのが筋トレであり、
それを続けられない人間は、脱落していく。

筋トレというのは人の作業レベルで言えば辛いという圧がかかります。
細胞レベルでいっても圧がかかっています、なんせ筋肉を破壊するわけですから。

でも、それを繰り返していくうちに筋肉が発達して、かっこいい胸板だったり、
女性が好きな二の腕に進化していくわけです。

普通生活していて、筋トレは必要ではないです。
筋トレしなくても死ぬことはないですから。


しかし、普段自分がしないこと(トレーニング)をすることによって、
自分の理想の体へ進化を促すことができます。

成功している人は、誰もが嫌がる地味な作業を継続的に続け進化していきます。

と、先ほど言いましが、ボディーのデザインで言えば、

誰もがしないトレーニングという地味な作業を、
継続的に続けていくことで女性が見た瞬間にドキドキする体だったり、
服を着こなせる体を手に入れることができる。


かたや、自分の思うままに生活していると、
どんどんメタボリックシンドロームになって女性に拒否られ続ける。

服も全然似合わない。

こういうことです。

これが、進化というものです。



ここでやっと話を戻しますが、
あなたが彼女が欲しいと思っているのであれば、
彼女を作るために自分が普段しない行動をして進化をしなければいけない。

こうなります。

今のあなたの状態というのは、
過去のあなたが選択し続けた結果なのです。

過去のあなたが今のあなたの現状を決めているのです。

もしかしたら、過去のあなたは、
自分に対して圧をあまりかけなかったかもしれない。

理想ばかりを夢見て
現実の自己にフォーカスしていなかったかもしれない。

どういう理由で今のあなたの現状が構築したのかは、
過去の自分を振り返ってみればわかります。

好きな女性とつきあいたいと強く願うのであれば、
今一度自分の進化を促してみてはどうでしょうか。

自分が変われば接する相手の対応も変わります。


他人はコントロールできません、
自分をコントロールして、相手に影響を与える人間になる。

これが人を惹きつける普遍の真理です。


では、今日はこの辺で。

ありがとうございました。



田辺祐希






追伸

そういえば、先ほど話したアメリカに会いに来てくれて、
それによって進化したクライアントですが、彼は実はその時点で童貞でした。

そして、その後自信をつけ、
僕の教材やメルマガで言っていることを徹底的に実践し彼女を作りました。

その講座は50万円だったのですが、
彼はお金では代えられない体験をし、
そして進化できたと語ってくれています。

進化するという意識はもう彼の中に根付いているので、
これからどんどん進化していくと思います。

彼との対談音声です。
興味があれば聞いてみてください。

http://lifaith.net/dsp/horiuchi.mp3
((右クリック→保存)

タグ

2014年8月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

最期を想定外から想定内へ

最期を想定外から想定内へ



こんにちは

田辺です。

いかがお過ごしでしょうか?

6月に入り、
日本はそろそろ暖かくなり始めている頃じゃないでしょうか。


台湾は?

すでに、暑いです(笑)
エアコンつけてます。

僕は僕で相変わらず元気にやっています。

台湾に移住して1年が過ぎたので
中国語もまあまあ話せるようになってきました。

まあまあの定義は生活するには全く困らず
初対面の人とでも意思疎通は十分できる程度。

ただ、自分的にはまだまだ納得がいっていないので
もう少し学びを続けようと思っています。



言語に関して言えば英語もそうですが
コツコツやれば必ず成果は出るということ。

もし、あなたが英語などの外国語を話せるようになりたい。
そう思っているのであれば3ヶ月とかではなく
1年、2年という長期的な視点で学んでいけば身につける事ができます。

諦めてしまう人は目標達成のゴールが近すぎる可能性が高いです。
言語はたくさんあるスキルの中でも結構時間がかかるスキルです。
なので、時間をかけてコツコツやる。

今、英語などの言語を習得しようとしている人がいたら
参考にしてもらいたいのですが。

まず、目的を明確にしてもらいたいのです。

英語を覚える場合でも


例えば、

1海外から情報を得たい。
2外国人と実際に話して友達や彼女を作りたい。

この2つにおいてアプローチは全く違います。


例えば、1であれば簡単な文法のルールと
単語の意味がわかりさえすればいいので
発音など無視して日本語のカタカナ読みでもよいのです。

情報を得たい分野の専門用語をメインに
単語をガンガン覚えていけば良いのです。



2の外国人と接して彼女や友達を作りたいという場合は
カタカナ読みでは通じませんので正しい発音を伴う単語を覚える必要がある。

しかし、日常で専門的な話はあまりしないので
単語は日常的に使う単語から集中的に覚えていけばいい。

何も考えずに、
ただ英会話スクールなどに行ってしまっている人。

多いです。

まずは、どんな目的で使う。
それを明確にしないと勉強の仕方も迷子になってしまいます。



さて、今日のテーマ。

==================
人生ずっと続くと思っていませんか?
==================

ということで今日は話をしていきたいと思います。



あなたは常に実感して生きているでしょうか?

人はいつか死ぬ。

それが明日なのか1年後なのか50年後なのか。
誰にもわかりません。

でも、1つだけわかっている事があります。

「人は死ぬ」

ということ。

残念ながらこれは避ける事ができません。

あなたの親も恋人もあなた自身もあなたの子供も。
全員が背負っている運命です。


もし・・・

あなたが半年後に死ぬとしたら。


半年間何しますか?

今の仕事続けますか?
過ごす人は?
住む場所は?
見たい景色は?
1億円欲しいと思いますか?
ベンツをローンで買おうと思いますか?

どうでしょうか。


物やお金。
死ぬとわかっていたらたくさん欲しいでしょうか。

今の仕事を半年間やりたいでしょうか。
今、一緒に過ごしている人と半年間一緒にいますか。


多くの人は自分と死は関係ないんじゃないか。
死を忘れている。

でも、実際には死は訪れる。



もし80歳まで生きる事ができて
今あなたが30歳だったら。

あと、50回桜を見る事ができます。
50回地球が回ったら人生終わりです。
年越し蕎麦を50回食べれます。

50回。

多いか少ないかはわかりません。


行きたい場所。
過ごしたい人。
やりたかった仕事。

ありますか?

死ぬのがわかっていれば
死ぬ前に気づいて行動に移せるかもしれません。

しかし、ほとんどの人はいつ死ぬかわからず
突然死んだり死を宣告されます。

その時にやりたかったことができない状態の場合が多い。
病状が悪化して満足に動けない、事故で突然死んでしまう。

多くの場合は死期を悟ってから行動していては遅いのです。



「死を意識した瞬間から人生が変わる。」


あなたは必ず死ぬ。
あなたの周りの人間も必ず死ぬ。

死を身近に感じながら生きる事で
時間を無駄にしなくなります。

あなたは自分の時間を何に捧げていますか?

時間は有限。
だらだら日々過ごして時間を浪費してませんか。


============
死を想定外から想定内に
============

ここで1つヒントです。

死を想定外から想定内にしてみてはどうでしょう。
あなたの最期、あなたの周りの人間の最期を色々と想定してみてください。


明日道を歩いていたらビルの上からものが落ちてきて死ぬ
3ヶ月後、父親が脳卒中で倒れる
半年後あなたの子供が事故で亡くなってしまう
2年以内に妻が帰らぬ人に
あなたは病院で余命一年を宣告される

という比較的短めのもの。


あなたやあなたの家族が5年後に癌で亡くなる

という中期的なものを経て
20年、30年後など60歳前後で何らかの病気で最期を迎える。

50、60年後に寿命を全うする。
という長期的なもの。

ありとあらゆる人間の最期のパターンを予測し
自分や自分の家族に当てはめてみてください。

そして、それを常に身近に感じ生きていく。

一度、時間を取ってブレインダンプでもして
様々な自分や自分の近しい人の最期を想定してみる。


そうすると、わかる事がたくさんあります。

あと、50年生きる事ができるのであれば
桜を50回見れる。


50回であればまだ良いのですが
現在あなたの両親が高齢で別々に暮らしていたらどうでしょうか。

実家に帰って両親と一緒に卓を囲んで
母親の手作り料理を食べられる。



仮に・・・

母親の死期があと3年で
あなたが年に2回盆と正月に帰郷するのであれば
あと6回。

あと、6回母親と会う事ができます。

世の中に起こる出来事のすべては中立であり
それを受け取る者によって解釈が違います。

6回母親と食事とできる事を貴重な時間だと思いながら
共に時間を過ごすのか何も考えずに過ごすのか。

意識を変えるだけで物事の見方は変わります。


これをあなたを含む
身近な人すべてで実践してみる。

近い関係の人と自分で
色々な最期を考えてみるのです。

そして、それは常にいつか起こりうる事と
認識して日々を生きる。

そうすれば、普段言えない感謝の言葉や
仕事第一優先の生活も少し変わるのではないでしょうか。

お金や仕事で盲目になっている人が多い中
本当にあなたにとって大事な事は何なのか?

たまには息抜きして考えてみるのも良いかもしれません。

ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

それでは、ありがとうございました。



田辺祐希

タグ

2014年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライフスタイル

このページの先頭へ